2011年01月04日

明けましておめでとうございます!

新年から元気に歌いました!
無楽さんの歌詞の世界観は本当にいつも素晴らしいと
思います!
62'OWTさんの楽曲もかっこよくて
素敵です!
ギターとベースは生ですよね!・・・ですよね??
ベース大好きです!!最高!!



「四季の死期」 作詞/無楽  作曲/62'OWT

 
まとう衣は左前
長い旅路の手向けにと
好きな季節の花そわす
春は夜桜 夏は百合

蝶の欠片が華になる  意味を問えれば多くの人が
比喩と揶揄して通り行く 春の道端 宴もたけなわ

四季が色濃く飾る死期
飾る化粧の数々に
儚さを添えて彩れば
秋は頬紅 冬は白粉

蝶の欠片が華になる  意味を問えれば多くの人が
比喩と揶揄して通り行く 春の道端 宴もたけなわ

それの終わりに似たことは 誰も彼もが持つ定め
【関連する記事】
posted by 咲 at 17:25| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。